2011年04月05日

放射線とアルコールの関係

みなさま

こんにちは
放射線とアルコールの関係を
昔から両親に聞かされていましたが・・
それが本当だったんだと・・
ちょっとビックリなお知らせです。

それを研究しているチームがいました。
放射線医学総合研究所と東京理科大の研究チームが
プレス発表を平成17年にしていました。

詳しくは以下をご覧くださいませ。
   ↓  ↓

http://www.nirs.go.jp/news/press/2005/08_11.shtml

http://www.47news.jp/CN/200508/CN2005081101003275.html


実はワタクシは被爆者2世なんです。
母が長崎ピカドンの時に10キロ圏内で被爆しています。

おかげさまで母は今もとっても元気なんです。
それには理由があったんだと・・
それを裏付けてくれたような研究でした。


かれこれさかのぼること48年前??
父母の結婚式の時に
おじいちゃんが父を呼び出して言ったそうです。

『洋子にはアルコールを飲ませてくれ』と・・

父はビックリです。
その逆はわかる気がしますが・・
『飲ませてくれ??』

わかりました。
でもなぜですか?

父は素朴な疑問をおじいちゃんに投げかけました。
そしたらおじいちゃんは言ったそうです。

『洋子は被爆している。
放射線にはアルコールがいい。』と・・

なにやら・・
おじいちゃんも被爆者なんですが
おじいちゃんの会社はピカドンですっかりやられてしまい・・
焼け野原状態だったそうです。

でも・・そこには従業員がいた・・
だから・・おじいちゃんは生き残った従業員と共に
亡くなった従業員の方々の遺体をリヤカーに積んで運び
ご家族に返すことをしていたそうです。

その時におじいちゃん達は2次被爆をしているんですね・・・

そしてその時一緒にその作業をした方々が
おじいちゃんも含め5人。
その内の2人がその後、原爆病で亡くなったそうです。

おじいちゃんは
同じだけ放射線を浴びてるはずなのに
なぜ?生きる人と亡くなる人にわかれるんだ??

と・・おじいちゃんなりに考えたそうです。
そこで行き着いたのが・・アルコール。。

亡くなった2人はアルコールを一切飲まない人だったそうです。
生き残った3人はアルコールが好きな人。

だから・・
おじいちゃんは父に
『洋子にはアルコールを飲ませてくれ』と言ったそうなんです。

この話を聞いた時は
またまた・・何を根拠に・・って感じでした。
(おじいちゃんごめんね・・)

でも・・父が去年だったかな??
『さと子!!おじいちゃんが言ってたことは本当だぞ』
と・・週刊新潮だったかな??
雑誌を見せてくれました。

そこにはチェルノブイリ原発の事故のときに
町中からウォッカとワインがこぞってなくなった。
と書いてありました。
でも・・そこにも根拠がなかった・・

そして今回の福島原発・・
放射線もれが問題になっています。

そしたらある方から
放射線とアルコールの研究がプレス発表されていると・・
ご連絡がありました。

それが・・先ほど紹介したこれ

  ↓ ↓
http://www.nirs.go.jp/news/press/2005/08_11.shtml


この時の実験は
放射線をあびる前の飲酒についてですが・・
放射線をあびた後の飲酒はどうなんだろう??
これをどうとらえるか??
それはそれぞれですね?

ただ・・
我が家には生き証人(笑)がいるのは事実・・
母はおじいちゃんの言葉通り
毎日少しずつ(?)ワインやビールを飲み
数十年(笑)元気にしています。
まぁ〜膝が痛いのはありますが・・
内臓は健康優良児・・
あ・・もとい・・健康優良バアだそうです。
(自分がそう言ってるんだから・・いいよね??(笑))


母は元気です。


ですから・・
我が家はアルコールを飲む理由があるので・・
(被爆者2世のワタクシも含め ニヤ)
毎晩晩酌家族です。


これが・・
被災地の方々の希望につながったらいいな〜と思います。



さと子







posted by SOE at 12:50| Comment(0) | SOE日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。